アコムでの借入方法を教えて?

どこで借りようかと迷っている方に、おすすめの借入先としてアコムを挙げておきます。アコムでの借入には便利さとお得さがいっぱいです。借入をしたことがない方も安心してご利用いただけるでしょう。もちろん借入経験が豊富な方、現在ローンなどを利用中の方もぜひチェックしていただきたいローン商品がたくさん揃っています。

アコムでの借入の便利な点は、申し込み、借入、返済のどの場面でもたくさんの方法から選べるということです。申し込み時に誰にも会いたくない、ATMの利用手数料なしでさっと借りたい、引き落としで負担なく返済したいといった希望をいずれでも叶えることができるのです。ネットでの借入や返済、店舗での申し込みなど自分がこのようにローンを使っていきたいと考える方法がどれでもあります。

また、お得な点はアコムの金利0円サービスが期間限定ではなくなっています。以前はキャンペーンとして申し込み期間を限定して行っていましたが、現在では条件を満たしていて初めてアコムで借りる方は、常に最長30日間金利0円で利用することができるようになっています。

アコムは消費者金融ですが、大手ということもありますし三菱UFJフィナンシャルグループに属していることもあって安心感が高いですね。利用でのサポートがしっかりとしているのも、初めて借入する方にとっては不安の解消につながります。返済日前にメールが届いたり、変更などの手続きを会員サイトからできたりと利用中の気になる点や手間がかかる点をアシストしてくれます。スムーズに借りて、スムーズに返す、アコムなら忙しい方にもピッタリの借入方法が見つかるでしょう。

カードローン以外にも消費者金融で唯一クレジットカードを発行できることや、借換え専用ローンなど利用に応じた多彩な金融商品を扱っていることもアコムの大きな特徴です。クレジットカードもキャッシング 即日が可能になっていますので、急いで準備したい時にもピッタリでしょう。目的や利用方法に応じて選べるようになっています。

キャッシング審査でみられる信用情報とは

キャッシング申し込みの際、属性とともに審査において重要とされるのが信用情報です。信用情報というのは、かんたんにいってしまえばカードや融資に関する日々の利用履歴などの顧客情報のこと。銀行やクレジット会社、消費者金融などがこれらの情報を共有化していて審査の際には必ずこの情報が登録されている個人信用情報機関というところに照会します。

信用情報ができる前は誰がどのくらい借りているのかもわからずにお金を貸していました。どれだけ借金があるかわからない方に対して、対面与信と申込書の記載事項でお金を貸していたのです。今考えると、なかなかできないことですよね。今では信用を供与できるかどうかを信用情報をもとに判断して審査が行われています。

ではどんな個人情報が信用情報機関に登録されているのか?気になりますよね。個人信用情報機関に登録されているのは、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、契約日、契約の種類、限度額、支払い回数、利用残高、月々の支払い状況などといった情報です。キャッシングの申し込みをすればその契約日や限度額、そしてその借金の返済状況など全てが登録されます。

それぞれの情報は永久的に登録され続けるわけでなく、情報により保持される期間が違ってきます。例えばクレジットカードやローンの新規申込の審査のために照会しただけでその情報の保有期間は6ヶ月間、クレジット加盟会員と締結した契約内容や支払い状況を表す情報については契約期間中~取引終了後の5年間、などとなります。

例えば返済が滞った場合や債務整理を行ったという場合には、その情報は契約終了日(完済日)から5年間は信用情報機関に登録され続けるため、その機関はいわゆるブラックリストに載っているという状況となりお金を借りるのが難しくなるというわけです。

個人信用情報機関は全部で3つの機関に分かれていて、金融機関の種類によって加盟しているところが違います。(株)シー・アイ・シー(CIC)は主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟しており、全国銀行協会は名前のとおり銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などといった金融機関が加盟しています。また(株)日本信用情報機関(JICC)は貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社などが加盟しています。

それぞれ独立した3つの機関に分かれている信用情報ですが、この情報は情報交流CRIN(クリン)というネットワークによって即日キャッシングでは共有されています。全ての情報というよりも、悪い与信情報を共有するネットワークだと考えておいていいでしょう。

このCRINができる前までには情報が共有化されていませんでしたから、CICではブラックの情報が登録されていてもJICCの金融機関では融資を受けることができたのですが、現在ではどこかでブラックの情報が登録されればその情報が共有化されてしまうので審査の際に必ずバレてしまうようになったのです。

関連記事